肌の黒ずみ

どうして肌の黒ずみができるの?黒ずみの原因とは?

肌の黒ずみが気になる体の部位といえば、肘や膝、脇の下、お尻やビキニラインなどですね。
ビキニラインやお尻はあまり人様にお見せする場所ではないですけど、露出する部分で黒ずみを気にしてしまうのはやっぱり脇と膝じゃないでしょうか。
肘も露出しますがあまり気になる部分ではないように思います。

 

肌の黒ずみの原因

肌が黒ずんでしまう主な原因は、皮膚に何かしらの刺激が加わり、その部分の皮膚を守ろうとしてメラミンを生成した結果、色素沈着してしまうというのが一般的です。
何かしらの刺激とはその部位によって異なります。

 

 

 

肘・膝の黒ずみの原因と対処法

肘・膝の黒ずみの原因

肘や膝などは肉も薄く、曲げ伸ばしが頻繁なため皮膚が受ける刺激は大きいです。
また肘は曲げ伸ばしの際に衣類と擦れることが多いのも黒ずみの原因となります。

 

同様に膝はスボンとの摩擦が黒ずみの原因となっています。
特にきつめのタイトなズボンは膝との摩擦が大きいです。

 

膝の黒ずみが気になるのでいつもズボンを履くという方もいるかもしれませんが、その行為が余計に膝の黒ずみを加速しているかもしれません。
膝の黒ずみをこれ以上悪化させないためにはスカートを履く機会を増やすことも考えたほうが良さそうですよ。

 

膝の黒ずみを作ってしまう行為としては膝立ちは最悪です。
ついつい膝立ちをしてしまう方は面倒がらずにちゃんと立つようにしましょう。

 

 

肘・膝の黒ずみの対処法

黒ずみを作らないためには、まずは衣類との摩擦ができるだけ少なくなるような洋服に気をつけましょう。
膝の黒ずみが気になるなら、パンツルックが多い女性はスカートを履くようにしたり、キツめのパンツはあまり履かないようにしてみましょう。

 

黒ずみを消す・落とす方法としては水で薄めた重曹を塗るという方法もありますが、重曹はアルカリ性が強いので、あまり濃度が濃かったり頻繁に使用するのは避けたほうがいいです。

 

最初は黒ずみが薄くなりますが、付け過ぎるとその後に皮膚が反応して黒ずみを加速させてしまう可能性があります。

 

 

重曹より手軽な方法としては石鹸に食塩を混ぜて優しく洗う方法です。
この時はゴシゴシ洗わずにとにかく優しく洗ってください。
早ければ1週間くらいで黒ずみが薄くなると思います。

 

 

どんな処置をしたとしても最後には肌の潤いのために美容液などで保湿をしてあげてください。

 

脇の黒ずみの原因と対処法

脇の黒ずみの原因

タンクトップや水着を着る季節になると気になるのがワキの黒ずみです。
脇も衣類との摩擦が大きい部位なのでこれが黒ずみの原因になりますが、黒ずみが酷い場合は脇毛の処理方法に問題があることが多いです。

 

カミソリで脇毛を剃る方も少なくないでしょうが、この処理は肌にかなりの刺激を与えていることになります。

 

もっと良くないのが脇毛を抜く処理です。
どうしても剃ってしまうことはあるかもしれませんが、脇毛を抜くのは黒ずみを悪化させたくないのあれば絶対にやってはいけない処理法だと思ってください。

 

脇の黒ずみ対策

ワキの黒ずみを今以上悪化させないためにはまずは脇毛の処理法を改めなければいけません。
そういった意味では脇毛処理の理想は永久脱毛といえます。
永久脱毛するにはエステでわき脱毛してもらうか、家庭用の脱毛器での処理のどちらかでしょうね。

 

 

しかしエステの料金や脱毛器も買うとなると簡単なことではないので、脇毛はどうしても剃ることが多くなると思います。
でも出来るだけ肌に刺激を与えない脇毛剃りの方法として、男性用の髭剃りカミソリが剃り心地と安全面でおすすめです。

 

特に4枚刃とか5枚刃といったカミソリの剃り味は最高で、女性の脇毛なんて抵抗もなくスルッと剃れてしまいます。
出来れば髭剃りムースなどキメの細かい泡をつけると皮膚への刺激も少なくできます。